受付:平日9:30-19:30 休診日:火曜・祝日

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

ご予約・ご相談はこちらまで

045-500-9825

WEB診療予約24時間受付中

顎関節・歯ぎしり

これって「顎関節症」?こんな症状に要注意

たまプラーザの顎関節症

口を開ける際、顎間接にこんな症状が現れたらそれは顎関節症かもしれません。

顎関節に異常がある場合は上記のような症状があらわれます。当てはまったら顎関節症の疑いがあります。


顎関節症の原因と症状

顎関節症の症状顎関節症という言葉自体は世間でも身近によく起こる症状として認識されているかもしません。年齢的にもあらゆる年代で認められる症状で、20代から30代あたりがピーク、男女比で見ると女性が2倍から3倍ほどとなっています。

顎関節症と聞いてもあまり大きな問題に捉えられないことがありますが、実は顎関節症が重症化してしまうと口の開閉が困難になるだけではなく頭痛やか肩こり、めまいや自律神経の乱れ等の症状を併発する可能性もあります。大した問題ではないと簡単に考えずに少しでも顎関節に違和感を感じたら当院まで一度ご相談ください。


顎関節症を引き起こす主な要因

  • ストレスを受けやすい環境下での生活
  • 顎に関する部位の外傷
  • 夜間就寝時の歯ぎしり等の悪習慣
  • 顎の骨の形状異常など

歯ぎしりが引き起こす悪影響と歯ぎしりの種類

歯ぎしりの種類夜寝ている間の歯ぎしり、身に覚えのある方や家族に指摘されたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?歯ぎしりの習慣化は様々な悪影響を及ぼします。一口に歯ぎしりといっても歯ぎしりには幾つかの種類があります。

夜間就寝時によく見られる、下顎を左右にギリギリと動かすグライディング、無意識に強い力をかけて歯を食いしばるクレンチングやカチカチと口をぶつけるタッピングなどがあります。 歯ぎしりによる主な症状としては、歯がしみる知覚過敏、顎の違和感や痛みの生じる顎関節症、顎の疲労感、歯の並びが不安定に鳴る歯の動揺の他にも歯がすり減る咬耗や頭痛などが挙げられます。

歯ぎしりによる体への悪影響は深刻です。当院では歯ぎしり習慣のある患者様にマウスピースのような歯を衝撃から守るものを設置し、患者様の歯を守るという方法もご提案が可能です。


ご存知ですか?TCH「歯列接触癖」について

耳慣れない言葉ですがTCH「歯列接触癖」という言葉をご存知でしょうか?日本語では歯列接触癖と訳されているので大体の意味はお分かりいただける思います。これは簡単にいうと長時間、日常的に上下の歯を触れさせる癖のことを言います。

食いしばりと似ていますが必ずしも強い力でなく軽い力で上下の歯を接触するのも歯列接触癖とみなされます。普段生活する上で上下の歯が触れている時間は食事や会話を含めて1日20分程度と言われていますので、それ以上の時間上下の歯が接触していると身体だけでなく心にも影響がありますので歯列接触癖という言葉は意識して生活すべきでしょう。


TCH(歯列接触癖)はこんな症状をもたらします

TCH(歯列接触癖)がもたらす症状としてまず顎関節の疲労が挙げられます。顎周りの筋肉に長時間緊張状態をもたらすことで顎に違和感を感じる他、顎関節症のような痛み、頭痛や肩こりまで現れます。自覚症状の感じにくい夜間の就寝中にも噛み締めてしまう癖がある場合は不定愁訴といった原因がわからない体調不良やイライラを感じてしまいます。


TCH(歯列接触癖)の改善策と治療

自覚症状を感じにくく、日常的な癖の延長で続く習慣のようなものになってしまうと歯列接触癖を改善するのはとても難しいでしょう。どんな癖でも一度根付いてしまうと治すのは至難の技です。このページをご覧になってもしかしたら自分は歯列接触癖の可能性があるかも・・と感じた方は一度上下の歯が接触しないように注意を払いながら生活をしてみましょう。

鏡で自分の口元を確認してみたり視覚的な誘導を行うことで自然と上下の歯を話すような意識付けになるでしょう。当院でも噛み合わせ調整などで改善のアプローチを図っていきます。ぜひご相談ください。

予約・問い合わせフォーム