受付:平日9:30-19:30 休診日:火曜・祝日

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

ご予約・ご相談はこちらまで

045-500-9825

WEB診療予約24時間受付中

根管治療

たまプラーザの根管治療

根管治療とはどういう治療?

根管治療とはそもそも根管治療という言葉をご存知でしょうか?虫歯が進行すると歯の神経にまで虫歯菌に侵されてしまうので神経を切除する必要があります。その際根管と呼ばれる神経の入った管を完全に滅菌し、被せ物などで封鎖する治療が根管治療です。根管治療は虫歯治療の過程でとても重要な役割を担っています。患者様の虫歯部分を削り、神経を取ることがだけが虫歯治療ではありません。神経を切除した後の根管治療こそが今後の虫歯再発防止のために重要なのです。 精密で精度の高い根管治療のために、当院では歯科用拡大鏡を導入しています。拡大鏡を使用すことで従来のような経験や勘だけに頼った事実の見えない治療により生じる尖性歯周炎や化膿のリスクを取り除くことが可能になりました。

根尖病巣根管治療は虫歯治療のその後に大きく影響してきます。適切な根管治療がなされていないと虫歯菌が歯の根元にまで広がります。そうすると歯茎の腫れや咀嚼の際に痛みが生じる「根尖病変」という症状を引き起こしてしまうことがあります。

「根尖病変」には初期段階では自覚症状がほとんどなく、気づかない間に重症化し、最終的には抜歯という最悪なケースに至ることもありますので根管治療を受ける際の歯科医院の選択は慎重に行うべきでしょう。


根管治療の流れ

虫歯の状態を確認します

虫歯の進行度を正しく診断します。根管治療は虫歯菌が歯の神経に到達している場合に実施します。虫歯の状態を的確に捉えることで必要な処置を適切に行うことができるのです。

根管を徹底清掃

虫歯菌が神経に到達した場合に神経を切除して、リーマと呼ばれる器具を使用して根管を徹底的に清掃します。

根管の殺菌

根管内を徹底的に清掃した後は、虫歯菌の滅菌処置を施すために根管内に特殊な洗浄液を流し込みます。その際、分岐している根管にもしっかりと滅菌する必要があります。

歯科用セメントを注入

根管内がしっかり滅菌できたら殺菌効果のある歯科用セメントを流し込みます。これにより虫歯菌の繁殖を抑えることができます。

根管の封鎖して再初を予防

歯科用のセメントが固まったら虫歯菌が再感染しないように根管の入り口を封鎖します。

被せ物の装着

根管の入り口を封鎖した段階ではまだ歯に凹みが残っているので、最終段階として銀歯やセラミックなどご希望の被せ物をしっかりと隙間のないように装着します。被せ物の後には噛み合わせのチェックも入念に行います。


「見える治療」が虫歯治療再発の低減に

虫歯治療再発の低減根管治療後、虫歯に再発のリスクがあるのをご存知でしょうか?虫歯治療は歯の痛みを取り除くために歯を削り、神経を取っておしまいではありません。根管内の菌を残さず滅菌することが再発しないための大前提になります。

根管治療後の虫歯再発率は50%を越えるとも言われています。それほど難しく、また細かく枝分かれした根管内の滅菌処置を行うのは高度な技術を要するのです。そのため当院は最先端の技術を用い、見える根管治療を追求しています。

予約・問い合わせフォーム